脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

株主総会は6月27日(水)代々木体育館 その前に17日(日)脱原発 東電株主総会
5月14日、ようやく株主総会の日時と場所が発表されました。

第88回(平成23年度)定時株主総会
日 時:平成24年6月27日(水曜日)午前10時
場 所:東京都渋谷区神南二丁目1番1号
    国立代々木競技場 第一体育館
議案等の詳細につきましては、6月上旬頃に掲載いたします。
http://www.tepco.co.jp/ir/soukai/soukai-j.html

決算と人事なども発表されています。
平成23年度決算について
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2012/1203442_1834.html
役員人事
http://www.tepco.co.jp/cc/press/2012/1203556_1834.html

株主総会の前に、脱原発 東電株主総会もお忘れなく

6月17日(日)
誰でも入れる♪ 脱原発 東電株主総会
会場:千駄ヶ谷区民会館(定員350人、JR原宿駅・地下鉄明治神宮前7分)
開場13:30  開始14:00  資料代500円
舞台を株主総会のようなセッティングにし、壇上の「会長・社長・取締役」たちが会場の株主(参加者)と「ちゃんとしたやり取り」を重ねていく模擬株主総会として企画・検討中です。
例年の株主総会では、議長の横暴な議事進行に悔しい思いをしている方、株主ではないが取締役に一言言いたい方、東電の責任を追及したい方、疑問のある方、質問のある方……お応えします!

●出演予定者:河合弘之(東電株主代表訴訟弁護団長)/木村結/堀江鉄雄/山崎久隆/東井怜/阪上武、ほか交渉中
●主催:脱原発・東電株主運動/東電株主代表訴訟/東京電力と共に脱原発をめざす会
●賛同:九電消費者株主の会脱原発!中電株主といっしょにやろう会/脱原発をめざす北電株主の会/未来を考える脱原発四電株主会/脱原発東北電力株主の会/脱原発へ!中電株主行動の会/北陸電力と共に脱原発をすすめる株主の会/脱原発へ!関電株主行動の会 ほか(順不同・賛同団体募集中)
●協賛:週刊金曜日

チラシができました。周りの方にもぜひご紹介ください。
チラシ表面    チラシ裏面
スポンサーサイト
「オルタナ・オンライン」に東電株主運動が紹介されました
「オルタナ・オンライン」に東電株主運動が紹介されました。ぜひお読みください。

------------------------
東電株主有志、「脱原発」を再提案へ――ほふり(証券保管振替機構)の煩雑手続きが壁に

株価が暴落している東京電力の株主総会が、6月に開催される。市民団体「脱原発・東電株主運動」(以下、同会)は、株を手放さずに脱原発を目指す株主らと共同で、今年も議案提出の準備を進めている。

提案するのは、送電・変電・配電設備などの売却、事故に関わる責任の遂行、安全協定の締結、一部原発の廃炉と代替火力発電の導入、電力源選択制度の導入の5つ。同会は、……

http://www.alterna.co.jp/8855
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120423-00000301-alterna-soci
東京電力株主代表訴訟のブログが公開されました
 このブログでもたびたび報告している、東京電力株主代表訴訟のブログが公開されました。

http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/

 右のリンク欄にも登録しています。

 脱原発・東電株主運動の株主が大勢参加しています。

 株主運動のブログともどもよろしくお願いいたします。
損害賠償請求訴訟の提訴請求書を公開
11月14日に脱原発・東電株主運動のメンバーを中心とした42名の株主が行った、東電の監査役全員に東京電力の歴代役員60名に対する損害賠償請求訴訟を提起するよう求めた提訴請求の「提訴請求書」を公開します。

以下のリンクからPDFファイルをダウンロードできます。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-y5psxodfag3d4elfdi7qjuhonm-1001&uniqid=1cf28ab3-c190-44f6-af50-91d7aaba3543&viewtype=detail

趣旨説明者に東電から異例の『詫び状』届く!

6月28日の株主総会で脱原発議案の趣旨説明をおこなった浅田正文さん宛に、7月11日付けで東京電力から詫び状が届きました。勝俣会長と西澤社長の自筆の署名が入った丁寧なものでした。

詫び状を受け取ってとても驚かれた浅田さんから、「これまでにこういう事はあったのですか」と尋ねられましたが、脱原発・東電株主運動としては経験のない異例の出来事でした。

浅田さんからお借りした詫び状とそれに対する返信を掲載します。

拝啓このたびの福島第一原子力発電所の事故により、多大なご迷惑をおかけしておりますことを心より深くお詫び申し上げます。

今回の事故により、浅田様をはじめ多くの方々に避難していただかざるを得なくなり、事故の当事者として怯泥たるものがございます。当社といたしましては、株主総会の際に頂戴したお花に込められた思いを真摯に受け止め、みなさまが一日も早くご帰宅できるよう、今後とも国や自治体と連携し、事態の収束に向けて全力を尽くしてまいる所存であります。

今後ともご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

敬具

平成二十三年七月十一日
浅田正文様

東京電力株式会社
取締役会長 勝俣恒久
取締役社長 西澤俊夫


拝復
私は、去る6月28日の株主総会で「脱原発」を定款に入れるよう株主提案の趣旨説明をした者です。事故収束に向けて、また賠償など今後の対応で日夜ご多用の中、お手紙を頂戴し正直なところ大変驚いています。祈りを込めた「折バラ」についても真摯に受け止めて下さりありがとうございます。

菅直人総理をはじめとする国の原子力政策に大きな振れがあり、国策と共に進んできた御社も大変困惑しているのではないでしょうか。諸々のことをお察し申し上げます。しかし、考えようによっては今が「脱原発」のチャンスです。総理の進め方には問題があるものの「脱原発」の方向がちらちら見えてきています。

国は国として、御社は今をチャンスとして「脱原発」を宣言する絶好の機会ではないでしょうか。土下座までして「誠意をもって対処する」旨の発言された清水前社長さんの誠意の最も大きな形の一つは「脱原発」です。福島県民を苦しめ、子供たちの将来を不安に陥れ、国土等あらゆるものを汚してしまった御社。その罪滅ぼしの最も大きな形は「脱原発」です。

人智を超え、子供たちへのツケ、作業委員の被曝、使用済み核燃料の処理、等私たちの世代では解決できない大きな問題を原発は抱えています。電気が足りる・足りないは二の次です。仮にエネルギーや電気が足りないならば、足りないなりに「少エネ」社会を目指す道があります。「省エネ」は現在レベルからの節電ですが、「少エネ」は私たちに与えられた少ないエネルギーを大切に分かち合って使っていこうというものです。
当然、安全・命・公共交通等が優先されます。

御社が、柏崎も含め「脱原発」の方向を高らかに宣言すれば、日本は大きく生まれ変わります。御社は電力会社のリーディングカンパニーです。大惨事を経験したことを糧としてリーダーシップを発揮していただければ新たな日本が誕生します。新しい日本のために大きな役割を果たして下さるようお願い申し上げます。

お手紙への返信と共に、改めて「脱原発」へ舵を切ることをお願いさせていただきました。

収束の問題、補償の問題、等々の短期的課題、中期的課題、将来の方向性の課題を抱え 会長さん、社長さん、皆さん、疲れが溜まっておられることと存じますが、踏ん張ってひときわ暑い夏を乗り切って下さるようお祈り申し上げます。

 

敬具


【参考】東京電力第87回定時株主総会 共同株主提案議案
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-129.html

【参考】『誠意』 - 2011年株主提案趣旨説明
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-142.html




プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ