脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
06 | 2007/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏崎刈羽原発震災で勧告書を提出

わずか9キロしか離れていない場所を震源とした地震により、柏崎刈羽原発はまさに壊滅的な打撃を受けた。

私たちは、先日おこなわれた第83回定時株主総会に提案した第5号議案、一昨年の第81回定時株主総会に提案した第8号議案などで、原発震災の危険性を訴えてきたが、取締役会はどの議案にも反対した。例えば、一昨年の反対意見から一部を抜粋するとこんな感じである。

原子力発電所の地震対策につきましては、その立地にあたり、綿密な地質調査を行い、活断層が直下にないことを確認して設置場所を決めるとともに、過去の地震等を詳細に調査し、想定される最大級の地震に耐えられるよう設計、建設を行っております。

7月18日、私たちは東京電力社長宛に、緊急勧告を提出した。柏崎刈羽原発とそれを巡る動きを今後とも注視していきたい。


東京電力株式会社社長
勝俣 恒久 様

2007年7月18日

株主からの勧告

 7月16日、新潟県柏崎沖で起きた新潟県中越沖地震は、柏崎刈羽原発から9キロあまりの距離が震源域です。今回の地震により柏崎刈羽3号機で火災、6号機では放射性物質を含む汚染水の放出など、小規模とはいえ恐れていたことが起きました。原発内の地震計は想定を最大2.5倍も上回る揺れといいます。
 何年も前から、そして今年の株主総会でも株主が提案・趣旨説明し、危惧していたことが起きているのです。
これ以上の被害を出さないためにもこの際、柏崎刈羽原発すべてを閉鎖し、詳細な地震被害の調査を行い、猛暑の夏になる前に、企業や消費者に節電を呼びかけ、亀裂が入っているかもしれない原発を再稼動することは、絶対にやめてください。

以上

脱原発・東電株主運動


スポンサーサイト
東電株主運動9月例会
●2007年9月9日(日)
●東京ボランティア・市民活動センター印刷室
 (JR・地下鉄飯田橋の上、セントラルプラザ10階>>>地図) ●10:00~14:00
●ニュースの印刷・発送作業を行います。
 その後例会を、引き続きボランティアセンターにて行います。
●お問い合わせはページ右下のメールフォームからお願いいたします。

東電株主総会報告【番外編】

Misty tower
梅雨時の総会は天気の悪いことが多い。

総会こぼれ話をまとめてみました。ちょっと長くなりましたがお付き合いください。

会場が、通い慣れた日比谷公会堂からザ・プリンス パークタワー東京に変更されたため、道のりがいささか不安でしたが、地下鉄芝公園駅を出るとプラカードを持った人が要所要所に立っており、なんなくたどり着くことができました。後で聞くと迷った人もいたようですね。建物の中に入ってからもしばらく歩かなくてはならないので、遠いという不満の声も聞かれました。

会場となる地下2階のボールルームはふたつあって、片方では三菱商事の株主総会が開かれていました。当会では総会前に建物の外で、株主提案の要点をまとめたチラシを配布しましたが、三菱商事の株主さんにもお渡ししたため、用意したチラシがすぐなくなってしまったようです。来年は枚数を増やそうかと話しています。

会場はとても広く真っ平らで細長い長方形をしています。絨毯のフロアにびっしりと椅子が並べられ、こんなたくさん人が来るかしらと思いましたが、開会時にはほぼ満席だったようです。しかし、議事の途中にもかかわらず楽しそうにおしゃべりしているグループがあったり、特にお昼を過ぎてからは退場なさる方が目立ちました。3時間を超える長時間総会だからしかたがないのでしょうか。

前方の舞台の両脇とフロアの中程に映像用スクリーンが設置してあり、事業報告時などにグラフや表が映され、それ以外の時は発言している取締役が映されます。遠くからでも、人相や表情がわかってよいと思いました。ただ、会場からの発言の時には、何に配慮してか発言者は映さず、議長である田村会長の顔がずっと映されているので、これはちょっとどうかと思いました。

天井からたくさん下がっている豪華なシャンデリアはバカラ製だそうです。そのせいではないのですが会場内はとても明るく、書類を見たりメモを取ったりするのが、昨年よりとても楽になりました。

会場の職員らしき制服を着た人たちと東電社員がたくさん、案内係として場内外にいて親切に案内してくれるのも好印象でした。場外でのお茶やコーヒーのサービスもグレードアップした感じがします。

入場の際には例年、報告書や開催通知などいろいろ手渡されましたが、今年は扇子一本だけ。書類は入り口脇のテーブルに並べてあって、ご自由にお取りくださいという形になっていました。無駄が出なくてよいです。そして特筆すべきは扇子のことです。長年白い扇子でしたが、今年はデザイン一新!驚きましたね。

Fan and fan
新旧の扇子を並べて写真を撮ってみました。

総会後、ブログに載せるためにボールルームの写真を撮りたいと思いましたが、社員に訊いたところ、やはり場内撮影禁止とのこと。総会は終わっているんだし、株主は写さないからと粘ってもお許しは出ませんでした。バカラのシャンデリア、撮りたかったなあ。
そんなわけで持ち帰った入場表くらいしか撮るものがないのです。パチリ。

General Meeting of Shareholders
入場表も首から提げるように変わりました。


東電株主運動8月例会

●8月の例会及びニュースの発行はお休みです。



トーデン君 #146

『脱原発東電株主運動ニュース』に連載中の4コマ漫画『トーデン君』を特別にwebで公開しちゃいます。総会報告にも書きましたが、マンガのネタになっている勝俣社長とのやりとりは、3コマ目までほぼノンフィクションです。“進む”ボタンで次のコマに進みます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。