脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

東京電力株主総会年鑑2010年版、2011年版がやっと完成 買ってね
 本当に長らくお待たせしました。2009年版で止まっていた東京電力株主総会年鑑がやっとできました。
 2010年版(3.11の前)、2011年版(3.11の後)の2冊が発売中です。

 今年の総会に間に合うようにと頑張り、(ほぼ)同時に完成していたのですが、ブログでの告知をすっかり忘れていました。申し訳ありません<(_ _)>

 2010年版はB5判88ページ800円、2011年版はB5判120ページ1000円です(なにせ所要時間が倍なので)。
 3.11の前と後の総会を読み比べてみるのもいいのでは? というわけで、ぜひ2冊まとめてご注文を。送料は2冊まで80円です。

 購入をご希望の方は、右の欄のメールフォームで年版と冊数を明記してお申し込みください。振込用紙を同封してお送りしますのでご送金をお願いします。
 「ついでにカンパ」も大歓迎です。

 1991年~2009年のバックナンバーもあります(1冊500円)。ただし品切れの年もあり(特に古いもの)、送料も変わります。メールでお問い合わせください。

 なお、先月開催された2012年版については、鋭意作成中です。
スポンサーサイト
株主総会の運営で東電に抗議
脱原発・東電株主運動は6月27日に行われた東電株主総会のひどい運営に対し、以下の抗議文を7月13日に東電に提出し、抗議をします。

第88回東京電力定時株主総会運営への抗議
2012年7月13日
脱原発・東電株主運動

 6月27日、世界の注目を集めて行われた我が社の株主総会は、株主としてあまりに恥ずかしい運営でした。1年3ヶ月前に世界中を震撼させ、今なお収束させられないでいる福島第一原発4基の苛酷事故が過去のものであるかのような経営陣と、一部の労使一体となった御用組合によって仕組まれた総会であったと言わざるを得ません。
 私たちは以下のことに抗議します。

1)開会直後も含め、株主が何度も「動議」の声を挙げているのに無視し、総会を強硬に進行しようとしたこと。

2)議長解任の動議が提出され、議長への委任状はないと回答しておきながら、挙手の数を数えず、即座に「否決されました」と宣言したこと。

3)提案の一括上程、一括審議という暴力的な方法で総会を運営し、実質国有化される我が社の今後についてじっくり株主が意見交換する唯一の場を奪ったこと。

4)提案株主席などで多くの手が挙がり続けたにもかかわらず、無視し、動員株主による仕込まれた質問が何度も繰り返されたこと。議長が会場のブロックを指示しただけで、そのブロックで数人の手が挙がっているにもかかわらず、マイク係が特定の人をマイク席に誘導する場面を何度も複数の株主が目撃している。

5)動員株主による仕込まれた質問では、「原発は国策で我が社は従っただけ」「想定外の津波によって事故は起こってしまった」「史上最悪のリーダーのおかげで事故は拡大した」と、すべて同じストーリーで「我が社は悪くない」という恥知らずな労使一体アピールをして、福島の人々の傷口に塩をすり込むような行為に及んだこと。

6)議長はヤジを制することがほとんどなく、筆頭株主であった東京都の猪瀬副知事が発言中にもかかわらず礼儀すら知らない動員株主によって発言が邪魔されるなど、総会を審議の場ととらえていない振る舞いを放置したこと。

7)議長は動員株主を指名することばかりに気を取られたためか、それまで質問を受け付けた23名はすべて男性であり、脱原発株主からの指摘でようやく女性株主からの質問を受け付けたこと。

8)ドイツの環境保護団体エテコンのメンバーが「ブラックプラネット賞」を授与するために来日し、総会の場で授与しようとしたが、それを妨害したこと。入場させたのであれば、授与行動も許可すべきだ。マスコミがいないところで隠れて排除しようとしたのではないか。

9)東電に抗議する多くのグループや脱原発株主の行動を原宿門の外に追い出したこと。また、記者会見や取材をさえぎり、入場者の目に触れないような場所に何度もあちこち移動させ、妨害したこと。

10)フリーライターの木野龍逸さんが、株主総会で音声を外部に発信したとして東電が記者会見への出入りを差し止めたと報道されている。しかしそれは大手マスコミも株主の撮影・録音したものを入手してやっていることである。これは自社に都合の悪い人を排除しようとする行為であり、国民の税金を投入され続ける我が社の立場ではやってはいけないことだ。株主総会は全国民に公開されるべきである。

脱原発へ!関電株主行動の会がブログを開設
私たち脱原発・東電株主運動と同じように、関西電力管内で株主運動をしている「脱原発へ!関電株主行動の会」がブログを開設しました。
おめでとうございます。

今年の関西電力株主総会の様子が詳しくレポートされています。

脱原発へ!関電株主行動の会
http://blogs.yahoo.co.jp/datu_genpatu_kanden

右の「リンク」欄に加えています。

なお「リンク」欄には、九州電力管内で活動している「九電消費者株主の会」、
中部電力管内の「脱原発!中電株主といっしょにやろう会」のブログへのリンクもありますので、
ぜひご覧ください。



プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ