脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
01 | 2013/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もんじゅは既に「廃炉」にされていた――点検「先送り」という名の放置状態
 衝撃的なニュースが流れている。
 「原子力規制庁が高速増殖炉『もんじゅ』の立ち入り検査を開始」と各社一斉に報じたのが2月14日の朝刊。
 本来行っていなければならない機器類の点検がされておらず、放置されていた問題で、規制庁が「組織的に行われていた可能性」を調べるというのだが、こんなことが「個人的に」行われるわけがなく、一体何を調べるつもりなのか。またしても「おざなり調査」ですまそうというのか。

 本来なら直ちに「原子炉等規制法違反」で刑事告発し、内閣総理大臣によりなされていた原子炉設置認可を取り消す手続きを開始すべきことだ。
 検査されていなかった機器類は報道では「9847個」。この中には非常用ディーゼル発電機までも含まれている。

 要するに「もんじゅ」は実質廃炉になっていた。そう考えなければ、このような事態は理解できない。原子炉として動かすことはもう二度とないから、非常用ディーゼル発電機までも点検せずにほったらかしにしていたということだ。

 もんじゅには年間200億円以上もの費用がかかっている。しかしその費用は安全設備の点検にすら使われていなかった。では何に使っていたのか。もちろん冷却用電源を購入する資金も含むだろう。人件費もあるだろう。しかし安全保護設備の点検費用には使われていなかった。この費用はどこに消えたのか。

 言うまでもなく、予算を立てて決裁を得、さらに国から予算配当を受ける中には、設備点検費用も含まれている。その費用が「はした金」であるはずがない。つまり、行ったことにした点検費用は組織的にプールし、何かに流用するなどしていた疑いもある。これもまた刑事事件になり得る。

 普通なら検査をしたのならば費用を受け取る業者がいる。では、検査もせずに受け取った業者がいるのか。あるいは検査をしたことにして、さらに業者に支払ったことにして、どこかにプールしたのか。その資金はどうなったのか。

 もんじゅ火災事故以来、ここを巡り様々な疑惑事件が起きていた。最大のものは西村成夫さんの「自死」=「殺害」疑惑だ。

 その後も燃料交換器落下破損事故を巡り補修関係の管理職員が謎の「自死」をしている。
 人の命を奪う原子炉が、今度もまた疑惑事件の中心を成している。またしても同じような「自死」が起きないか、極めて危険な状況だと思われる。

 「もんじゅ」は事実上「廃炉」だった。このことの意味は重い。安全保護設備を運転可能な状態に置くことさえしないで放置していた原子炉を、そもそも動かすかどうかなどと論ずるまでもないことだ。今すぐ原子炉廃止措置を実行するしか、残された道はない。(Y)
*「脱原発・東電株主運動ニュース」No.225(2013年2月17日発行)に掲載されたものです。
スポンサーサイト
【集会のご案内】 核心に入った東電株主代表訴訟、3月16日開催
東電株主代表訴訟、脱原発・東電株主運動、ふぇみん婦人民主クラブの共催で開催されます。ぜひご参加を。
*終了しました。詳しくは東電株主代表訴訟のブログをご覧ください。
以下、東電株主代表訴訟ブログから転載です。ブログではチラシのダウンロードもできます。訴訟関係の情報が随時アップされていますので、定期的にチェックを。
-------------------------------------------------------
取締役のサイフから
5.5兆円を損害賠償に!
トーク、パネルディスカッション&報告

日時:3月16日(土)開場13:30 開演14:00~16:00
場所:渋谷商工会館2F大研修室(収容人数300人)
最寄駅:渋谷駅徒歩2分
参加費:1000円
■第1部
あいさつ/河合弘之(東電株主代表訴訟弁護団)「裁判の意義と進捗状況」
トーク/おしどりマコ・ケン(3.11福島原発震災後、東電の会見に常時出席)
■第2部
パネルディスカッション
東電テレビ会議で見えてきたこと&ずさんな地震・津波対策
パネラー 
海渡雄一(東電株主代表訴訟弁護団)
木村英昭(朝日新聞記者、『プロメテウスの罠』)
吉岡 斉(「福島原発事故・政府事故調」委員、九州大学副学長)
※コーディネーター:おしどりマコ

主催:東電株主代表訴訟 脱原発・東電株主運動 ふぇみん婦人民主クラブ
協賛:週刊金曜日

書面のやりとりに終始する一般的裁判とは違い、原子力ムラの歴史から原発の仕組みにいたるまで、たくさんの資料や図解で“見える”原告側プレゼンテーションは、傍聴者にもわかりやすいと評判です。
福島原発震災事故で唯一、個人責任を追及している訴訟です。
この訴訟をとおして、東電テレビ会議の様子が明らかになりました。
3.11以降、ひんぱんに東電本社会見に出席し、大手メディアが聞かないようなことを鋭く追及し続けている「おしどりマコ・ケン」さんに東電の隠された真実をコントで“魅せて”もらいます。
楽しく学べる[東電株主代表訴訟]にみなさんお誘い合わせの上、ご参加ください。

問合せ:090-6183-3061(木村)
e-mail nonukes0311★yahoo.co.jp (★をアットマークに変えてください)
ブログ http://tepcodaihyososho.blog.fc2.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/tepcodaihyososho
ツイッター:@tepcodaihyososh


プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。