脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
12 | 2014/01 | 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

東京都知事選挙が「脱・反原発選挙」になった日
 一昨年、前回の都知事選挙(任期4年の都知事選挙がたった1年ごとに行われるのも異常なことだが)も宇都宮健児氏が脱原発を争点として立候補しているので、脱原発選挙がなかったわけではない。しかし今回は「脱原発」をシングルイシューとして細川護煕氏が立候補し、小泉純一郎元首相が全面バックアップをするという。
 古くは「原発いらない人びと」という政党を作り、脱原発を唯一の政策課題として国政選挙で闘った時代を経験したが、東京で脱原発を掲げて闘うことの困難さは今もほとんど変わらない。

 小泉人気がどの程度のもので、細川元首相が果たして高齢批判や佐川急便問題などで追及されても票を集められるのかは分からない。しかし毎日毎日、脱原発・反原発がテレビで流され続けることは多いに歓迎する。

 原発要らないとの主張が細川氏と宇都宮氏から発せられて、他候補、特に舛添要一氏との間で論戦になることは、多いに歓迎すべきだ。
 例えば舛添氏も「原発に頼らないエネルギー政策は必要」としていることから、「脱原発いつでしょう? 今でしょう!」と訴える2人の候補は際立つことだろう。

東電をどうするか
 東京都知事と原発というと「東京都の課題は他にもある」という異論が出される。菅義偉内閣官房長官などが会見で語っている。
 しかし敢えて言う。脱原発だけが争点でよいと。(脱原発・東電株主運動の機関誌だからというわけではないが~)

 脱原発を唯一の公約として立候補し、当選すれば、東京都は自動的に「原発に依存しない都市を建設する」ことを約束したに等しい。「いろいろある一つが脱原発」ではないことは、もう一つの効果を生む。東電の大株主である東京都が東電に対して原発を廃炉にすることを堂々と要求できるようにもなる。しかも「即脱原発」である。これは柏崎刈羽原発の廃炉を真っ向から要求することになる。

 東電は(解体するのでない限り)ただちに原発を廃炉にすることを前提として「総合特別事業計画」を作らなければならないし、東京都が役員を送り込んで実行を迫ることになる。
 脱原発・東電株主運動は株主総会で、細川護煕東京都知事と共に「原発廃炉提案」をすることになる。

 猪瀬直樹知事時代は、「イデオロギーが違う」などと理由にもならない理由で共同提案を断られた。今回は、柏崎刈羽原発の廃炉提案など、多くの提案は東京都との共同提案と賛成が得られることになるだろう。

勝てる時に如何にして勝つかである
 誰が候補でも目的は変わらない。
 目的は多岐にわたる、主なものとしては次の通りだ。

 東電の原発を全部ただちに廃炉にし、汚染水処理や原発震災再発防止のために全力を傾注し、被曝労働を強いる環境をクリーンアップして被曝の提言を徹底し、労働者を直接雇用して十分な賃金を保障し、将来の健康被害も完全に補償することを約束し、そして被災者や避難者に対して本当の補償を行うことである。

 これは単に知事が替われば実現できるというほど単純なものではないし、知事や周辺のブレーンに力がなければ難しい問題もたくさんある。
 それを実現できて初めて「勝った」ことになる。
 そのチャンスが今、つくられつつある。(Y)
*「脱原発・東電株主運動ニュース」No.234(2014年1月19日発行)に掲載されたものです。
スポンサーサイト
「特定秘密保護法」の施行凍結、廃止を求める――私たちはあきらめない
 「原発の情報は特定秘密にならない」と言ったそばから「警備情報は特定秘密」というふうに、分単位で言うことが変わる。大臣席の後ろには「黒子」の官僚が座るが、警察庁や防衛省の官僚だ。その「指図」に従って答弁する姿は、まさしく「官僚に操られ虜となった国会」そのもの。

 安倍晋三首相は「今回の法律で、今ある秘密の範囲が広がることはなく、一般の人が巻き込まれることはない」などと言っているようだが、時間と共に法律の本来の牙を剥くことになる。
 官僚が作り、国会議員をも支配下に置き、言論機関を縛る。原発においても既に片鱗がいくつも見えてきている。

 『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』(日野行介著、岩波新書)に書かれていた「秘密会議」で「年間20ミリシーベルト」の避難基準が決められている。県民を外に出さないための対策ばかりが衆目の監視下ではない場所で「なんとなく」決められている。そのうえ放医研が開発していた、外部被曝をシミュレーションするソフトウェア「外部被曝推計システム」が、県関係者による「集中砲火」のもとに公開されないことが決められる。

 「特定秘密保護法」が作られる前から、行政は都合の悪い情報を隠ぺいすることに全力を挙げてきたことを見れば、こんな法律が公布されれば都合の悪い情報は全て隠される。
 先月から始まった4号機燃料棒移送問題に関連しても、東電に対して使用済核燃料のそれぞれの発熱量を質問したところ、回答は驚くべきものだった。「核物質防護上の理由」で公表できないという。ところが、この情報は既に米国でNRCにより公表されている。(http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1114/ML11147A075.pdf)

 メディアが福島第一原発へ向かうと、特定の機器類や建屋の入口撮影をしてはならないと必ず指示される。これに反したらただちに映像は没収される。理由はテロ対策だという。
 今後はこれが「特定秘密」とされ、撮影しただけで捕まる恐れさえある。秘密であることを知っていたかどうかも問われない。

 原発事故情報を秘密にすることはないなどと知ったかぶりの答弁をしていた大臣がいたが、原発の事故情報の多くは同時に原子炉の安全を確保するための重要情報でもある。「何をどうしたら壊れたのか、それが分かるとテロに使われるかもしれない」そんなデタラメな口実がまかり通ってきたのがこれまでの原発だ。誰がどう考えてもあり得ない「新燃料や使用済燃料の核ジャック対策」として、核燃料輸送情報は一切秘密にされた。冗談ではない。防災上重要な情報が隠されて、地震に核燃料輸送車が巻き込まれていても誰も気づかなかったら、どれほどの惨事になるか。もはや秘密にすることが自己目的化している。市民の安全など二の次である。
 これらの情報が「特定秘密」とされてしまうと、今度は危険性を警告する行為まで「テロ」と呼ばれることになりかねない。
 実際に核燃料輸送を監視する行動を日本で最初に始めた「京都反原発めだかの学校」に対して、読売新聞は「乗っ取りを謀る過激派の犯行」といった警察情報をもとにした記事を出すという事件も起きた。(79年11月。後日、読売にはお詫びの訂正記事を出させている)

 反原発を目の敵にしている推進団体や一部の報道機関は、特定秘密保護法を利用して市民運動を攻撃してくることさえ考えられるのだ。
 原発関連情報を特定秘密に指定させないために、これからも粘り強い取り組みが必要だ。(Y)

*「脱原発・東電株主運動ニュース」No.233(2013年12月15日発行)に掲載されたものです。




プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ