脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
09 | 2016/10 | 11
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

みんなが米山って書いたから 10月16日は脱原発記念日。
 今回の新潟県知事選挙は、実質的な原発の県民投票となった。
 選挙に先立つこと約1ヶ月前の泉田裕彦知事の突然の立候補取り止めは、森民夫氏を筆頭とする県内自民党、電事連関係者によってなされたフェリー問題の焦げ付きの責任を濡れ衣として知事に押し被せ、知事選の争点隠しを図る強引な手口のせいだった。

 県民紙とも言うべき新潟日報がそのお先棒を担ぎ、県からの正式なコメントも掲載しないという異常事態の中で、泉田氏は、知事選の争点は柏崎刈羽原発の再稼働問題であり、自分が出るとその論争ができなくなると言って立候補を取り止めたのだった。

 その判断は正しかったとしても、代わりの候補者を擁立することは困難を極めた。規制委員会の結論を受けて再稼働の判断を迫られる日は近いのだ。国と電力業界あげての攻勢が県知事一人の上に向かうのはもちろんだ。わざわざそんなところにノコノコと出てくれる人はいるだろうか?

 森ゆうこさんをはじめ、野党共闘を担った党首の皆さん、市民連合の代表者たちが必死の思いで探し当てたのが、米山隆一さんだった。しかし、彼の所属する民進党内部で意見が調整できず、連合新潟は対立候補・森民夫氏の推薦を決定し、米山氏は民進党を離党して立候補することとなり、民進党は自由投票を選択した。
 「身を捨てて 越後の川の賽となる」と詠んで米山氏は立ってくれたのだった。

 米山さんの立候補表明は9月23日だった。29日の公示日からすったもんだの毎日が始まる。広い県内を3つに分けて、ポスターが届いたのが当日の未明。1号チラシは10月に入ってから。選挙事務所の電話もなかった。でも、みんな森ゆうこさんの選挙仲間だったから、信頼しあって、揉めたりしなかった。地元の民進党の人たちも何事もなかったかのように選挙運動に参加してくれた。

 医者で弁護士、湯の谷村の出身、維新の会にいたんだって、そんなことしか分からなかった。でも除籍されてまで立ってくれたんだって。泉田さんの路線を引き継いでくれるんだって! いいよそれだけで。ワッサワッサとことが進んでいく。

 医者は医者でも東大出の医者で、医学部の大学院時代についでに司法試験も受かってしまって、ハーバード大学にもいたなんて、入ってくる情報はあきれるほどピカピカだ。どんなに偉そうなやつなんだろうって最初は思ったさ。

 でも会えば、腰は低いし、でしゃばらないし、人の話をしっかり聞いて、すうっと理解してくれる。さすがに落選4回の苦労人だった。地域医療をやっていたんだって、地域の法律相談にも乗ってくれていたんだって。評価は上がる一方だった!

 10月6日は十日町での総決起集会だった。この日に間に合わせて漫画パンフを印刷してもらった! やっと完成したパンフレットは好評で、県内各地で配布してもらえた。1万部刷ったので(注;後で1万部追加)、玄関は箱で埋まり、仕分けする時間もないので箱単位で注文を受けた。

 佐渡、上越、新潟、長岡、三条、刈羽など要請のあったところに郵送した。7日には十日町でおしどりマコ&ケンさんの講演会があって、そちらには福島の武藤類子さんから送られた「原発いらない福島の女たち」の旗も掲げた。

 この日の講演で私は大変なことに気付いてしまった! 安倍内閣は増え続ける放射性残土などの管理保管に行き詰まり、8000ベクレル以下は全国の公共事業で使おうとしている。森民夫氏は建設省出身、安倍から直接推薦状をもらってきたのだ。

 お約束は再稼働ばかりではない。彼の公約の道路作りに、お金と一緒にこいつがやって来ることになっているんだ! これまで泉田知事は、県内で発生した放射能を含んだ汚泥などについて100ベクレル以上のものは現地で厳重に保管するよう指示を出し、東電に引き取りを要求してきた。

 原子炉等規制法では100ベクレル以上のものは黄色いドラム缶に詰めて保管することになっているのだから当然の指示なのだけど、このことも国から嫌われ、国の言うままにしたい県内の市長村長から疎まれる原因になっていた。

 森民夫氏が知事になれば、県内の放射性汚泥もあっという間に外にばらまかれるだろう。彼を支持している土建業の人たちがまず被曝の危険にさらされるのだ。翌日から逢う人毎にそう言って回ったが、どれだけ通じたことやら? 私は、ますますどうしても勝たねばならない、と意を決し、毎日街宣カーの運行表を見て、漫画パンフを積んだ車で追っかけを始めた。

 10日には上越市で決起集会が開かれた。当初200人の会場の予定を800人の規模に拡大して、その会場も一杯になった。ここでは多くの赤ちゃん連れのママやパパが米山氏を囲んだ。赤ちゃんを抱いた米山さんは本当に素敵で、こんな知事が欲しかったと思わずにいられなかった。

 この会場では、もうひとつ事件が起きた。背中の見えてきた相手候補を逆転すると、ナンと候補者が壇上で背広のまま、バク転を披露したのだ。見たかった! いやあホントにここで逆転したのだよ。

 街頭演説について回っていると、日増しに「もう米山さんに投票してきたよ」とそばに来て囁いていくおじ様たちが増えてきた。赤ちゃん連れのママは「それをもう少しください」と寄ってくる。スタンディングをしていると女学生たちが集団で手を振ってくれるようになった。

 新潟市までは遠くてなかなか出掛けられなかったが、最終日直前には、山本太郎さんや蓮舫さんまで応援に駆けつけてくださった。最後の日は、観衆からヨ ネ ヤ マ コールが巻き起こって、大騒ぎだったそうだ。

 かくして新潟決戦は、若き総大将、米山隆一を担いだ野党市民連合の勝利となった。

 森民夫氏は各地で市長、県会議員、市会議員などをズラリとそばに侍らせ、「国との太いパイプで低迷する新潟を救う」と言い募ったが、今度ばかりは県民を手懐けることができなかった。最終盤には、「県庁に赤旗を立てさせるのか!」などという反共チラシを法定ビラ二号として、全県に折り込み広告まで入れた。中央の安倍晋三とスガ官房長官は泉田氏を呼び出し、「自民党候補を応援すると言え」と迫って、予定されていた米山氏への応援メッセージの発表をやめさせた。

 しかし、新潟県民は泉田下ろしの汚さも、自民党と電事連あげての再稼働狙いもしっかりと見抜いていた。結果は6万票以上の差を付け、米山氏が勝利したのだ。保守王国と言われた鹿児島でも、ここ新潟でも民意は脱原発にあると、全国に発信できたことを誇りに思う。

 これからが勝負だ。米山県知事を支え、再稼働を許さず、住民に寄り添う暖かい施策を実施して、国のあり方そのものを変えていけるように県民が新知事を支えていこう。全国の皆様、応援を本当にありがとうございました。(小木曾茂子)
スポンサーサイト


プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ