脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

2017東電株主総会の記
 1206名(出席株主数)、3時間4分。2011年は9282名、6時間。たった6年しか経っていないのに、福島の苦しみは幾重にも重なったまま、むしろ重篤になった部分さえあるのに……。株主の関心は薄れた? あきらめた? 株を売却してしまった? 広い代々木第一体育館に寂しい空席が広がりました。

 昨年は、会場前に「日本の原発は安全」「原発を再稼働して料金値下げ」のプラカードを手に、大挙して現れた団体“しきしま会”は現れず、代わりに“二の橋倶楽部”なる幟の面々。「原発再稼働」のプラカードを手にし、配布する豪華パンフレットの内容(放射能の正しい知識を持とう)も同じなので、結局お仲間なのでしょう。人数は半減の約20名。

 当方は、たんぽぽ舎の皆様の多数の応援を頂いたり、駆けつけて下さる方もいたり、グリーンピースの独自パフォーマンスもあり、心強いチラシ配りができました。数は力を実感!!

 10:00開会。30分間の事業報告後、議案審議。議長は、「提案株主は補足説明がある場合は3分以内で」と促しますが、私たちは「趣旨説明」と明言し対抗。まずは、原発再稼働株主の提案から開始です。不愉快なことに、「脱原発を主張する中には公安警察の調べでは過激派中核派等のメンバーがいる」との発言がありました。まさに、イメージ操作そのもの! 私たちも、各趣旨説明の頭に「共謀罪の対象にならない一般人です」と強調しました。

 4号議案から12号議案まで、提案の概略と賛成割合は以下の通りです。
▼4号議案:東京電力パワーグリットの売却(賛成2.17%)
▼5号議案:柏崎刈羽原子力発電所の減損会計適用(2.26%)
▼6号議案:福島第二原発と柏崎刈羽原発を廃炉と廃棄物管理のための研究施設とする(2.26%)
▼7号議案:監査委員会の健全化(7.81%)
▼8号議案:原子力事故時の避難者受け入れ周辺自治体との安全協定(2.27%)
▼9号議案:原子力事故を想定した避難訓練の実施(2.26%)
▼10号議案:原発災害保養基金の創設(2.26%)
▼11号議案:福島原子力発電所勤務者に対する保養の提供(2.21%)
▼12号議案:柏崎刈羽原子力発電所の原子炉圧力容器の健全性の検証(2.26%)

 今年の特長は、ほとんどヤジがなかったことです。例年の発言妨害とも言えるヤジがないのは静粛でよいと言えばよいのですが、何か気味が悪いような……。およそ40分間、お陰で粛々と進行しました。

 次は、事前質問109問に対する山口副社長からの回答。20分の見込みと言い、実際は23分間だったので、事前に随分練習したようです。長時間に及び、ここで途中退場者が多いと担当者が愚痴を言っているところです。私たちは、質問項目だけでもいいから、スクリーンに投影等工夫して欲しいと例年申し入れしています。残念ですが、改善はなされませんでした。

 いよいよ質疑応答。原発再稼働株主の修正動議を含めて、12名が発言しました。なんと! そのうち12分の10が脱原発関連発言だったのです。おまけに、今までほとんど指名されなかった提案株主席からも指名され、數土会長(議長)から最後のプレゼント?と思うような指名率でした。

 更に數土会長からビックリ発言「福島事故処理関連に総額およそ22兆円は驚天動地、未曾有宇の数字。だが、責任を貫徹するため自分を捨てても挑戦するしかない。無理を承知でやるしかない」と。最後だから正直に発言したのでしょうか、ここでも変化を実感しました。

 他にも印象的な発言がありました。「放射線は怖くない、人体実験に応ずるボランティア募集を!」というとんでも株主に増田常務「放射線は正しく怖がることが大切」。「他国からの飛翔体への対策は?」に対し、姉川常務「国と国が争わないことが大切。貧困がないようにすることも」。

 全ての株主提案は否決され、新取締役13名が登壇し1:05終了。その後、27日に福島に挨拶に行った小早川新社長「双葉町民も早く帰還をしていただきたい」、記者「双葉町は避難解除されていません」、新社長「北部に……」記者「北部は時間制限付き立ち入り許可地域です」このやりとりが、新執行部の全てを象徴しているような?

 株主の皆様、沢山出席しましょう! そして沢山発言しましょう! 少しでもこんな執行部に緊張感を持ってもらいましょう!!(K)
*脱原発・東電株主運動ニュースNo.267(2017年7月9日発行)より。


スポンサーサイト


プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ