脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

私たちの議案にご賛同ください! 2009/03/20
昨年12月、中部電力が浜岡原発1号機と2号機の廃炉を決めました。理由は、耐震工事には3千億円もの莫大な費用を要するからです。この2機の運転開始は、1号機が1976年3月、2号機が1978年11月で、共に耐震設計審査指針の無い頃に設計・建設されたものです。

しかし東京電力は、福島第一原子力発電所にこの2機よりも古い原発を5機も持ち、廃炉にせず、まだ運転を続けようとしています。では、どれほど古いのかをまとめてみました。

福島第一原子力発電所:営業運転開始年
1号機 : 1971年3月
2号機 : 1974年7月
3号機 : 1976年3月
4号機 : 1978年10月
5号機 : 1978年4月


柏崎刈羽原発は、07年7月に中越沖地震が起きたことによって、浜岡原発同様に直下型地震の起こる危険な地域に建設されていたことが判明しました。中部電力が遂に原発廃炉を決定したのに、東京電力の取締役は老朽化した原発及び、90倍もの大地震が起こり得る地域にある原発を廃炉にする決断が出来ません。

今年3月5日、柏崎刈羽原発で地震後8件目の火災が発生、作業員が一名やけどを負いました。保安院は二度にわたり再発防止策を指示、柏崎市消防本部も同原発全号機で、火気と危険物を扱う作業を禁止する命令を出しました。しかも東京電力・消防・地元自治体・保安院で防火安全対策協議会を設置、2月には、同消防本部と東京電力で消防訓練を実施したばかりなのです。そして、今回の火災では現場にいた作業員4名は危険物取扱者の資格が無く、防火教育も未受講であったことが判明しました。東京電力はこのような危機感のない、ずさんな経営をいつまで続けるのでしょう。

私たち株主がこのような無責任な経営体質を正し、老朽原発は即時に廃炉にしようではありませんか。同封の株主提案議案をご覧になり、是非ともご賛同をお願いいたします。


2009年3月20日
脱原発・東電株主運動事務局
〒216-8691 郵便事業株式会社宮前支店私書箱19号
http://blog3.fc2.com/todenkabu/


※この文書は、2009年の脱原発株主提案議案への賛同を募るために2009年3月20日に発送されたものです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/CANDU%E7%82%89
ttp://en.wikipedia.org/wiki/CANDU_reactor
日本版と英語のちがいで項目4に注目!
ようするに燃料は何を使っているかって事です
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E6%B8%A9%E6%A0%B8%E8%9E%8D%E5%90%88
[2010/03/01 20:44] URL | CANDU #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/106-4e5ada36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ