脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電からの回答

「株主からの要求と勧告」と「株主からの提案」に対する東京電力からの回答が届きました。その全文を掲載します。

私たちが提出した文書は以下のページでご覧になれます。

「株主からの要求と勧告」
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-132.html
「株主からの提案」
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-133.html



脱原発・東電株主運動 御中

              

東京電力株式会社
              総務部法務室・経営法務グループマネージャー
                               内田正明

福島第一原子力発電所における事故、および、放射性物質の漏えいにより、株主のみなさまはもとより、立地地域のみなさま、さらには広く社会のみなさまに大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます。

現在、政府・関係各省庁、自治体等のご支援とご協力を仰ぎながら緊密に連携をはかりつつ、事態の一日も早い収束に向けて、全力を挙げて取り組んでおります。

こうした状況にあるため、本年5月6日付「株主からの要求と勧告」および同17日付「株主からの提案」に対する個別の回答はご容赦いただきたいと存じますが、現在の会社の方針について別添のとおり(※注)回答させていただきます。

なお、事故の収束に向けた取り組みに係るご提案につきましては、対策本部にもすみやかにお伝えしております。また、引き続き、情報公開の徹底に努めてまいります。

以上


※注 別添の「回答」全文は以下の通り。

このたびの福島第一原子力発電所の事故により、発電所の周辺地域のみなさまをはじめ、福島県民のみなさま、さらに広く社会のみなさまに大変なご迷惑とご心配をおかけし、心より深くお詫び申し上げます。

福島第一原子力発電所におきましては、原子炉及び使用済燃料プールの安定的冷却状態を確立し、放射性物質の放出を抑制するべく、政府・関係各省庁、メーカー・ゼネコン・協力企業のみなさまや海外諸国など、多方面の方々からのご支援とご協力を仰ぎながら、事故の収束に向けた取り組みを全力ですすめております。

4月17日には「福島第一原子力発電所事故の収束に向けた道筋」を策定し、5月17日にはその進捗状況の公表を行っております。このなかで、当社は、当面の目標として、放射線量が着実に減少傾向となっていること (ステップ1)、放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑えられていること(ステップ2)という二つの目標を設定しており、ステップ1については7月中旬を、ステップ2についてばステップ1終了後3~6ヶ月程度を目標達成の目安としております。さらに、各ステップにおける取り組みを、原子炉及び使用済燃料プールの「冷却」、放射性物質の放出の「抑制」、「モニタリング・除染」、「余震対策等」、作業員の生活・職場の「環境改善」という五つの分野に分類したうえで、諸対策を同時並行ですすめております。

今後も、これらの取り組みに持てるカのすべてを注ぎ込み、事故で避難されているみなさまの一日も早いご帰宅を実現するとともに、国民のみなさまに安心して生活していただけるよう全力を尽くしてまいります。

今回の原子力発電所事故により被害を受けられたみなさまへの補償につきましては、原子力損害賠償制度に基づき、国のご支援を頂きながら、公正かつ迅速に対応してまいりたいと考えております。

当社といたしましては、引き続き、政府自治体等と緊密に連携をはかりつつ、また各方面からのご支援をいただきながら、事故の収束に向けて全力を注ぐとともに、ご迷惑をおかけしているみなさまへの支援活動に誠心誠意取り組んでまいります。

以 上

関連記事
スポンサーサイト

コメント

何一つ答えになっていない…予想通りすぎて腹も立ちません
せめて鉛をという提案を吉田所長に直接伝えられないものでしょうか
[2011/05/27 13:25] URL | yone #- [ 編集 ]

アレバ社
仏アレバ社 への 原発汚染水処理 委託に反対します
日本が破綻します
以下 記事です、

フランス側から提示されている処理費用はとんでもない金額だ。
なんと汚染水処理に1トンあたり2億円もかかるという。
最終的に汚染水は20万トンに達すると見られているので、それだけで40兆円。
東電どころか日本が破綻してしまう」
 国民には負担を押しつけ、外国には土下座する菅政権の典型的失敗だ。
汚染水処理など国内企業でもできる。すぐにアレバには去ってもらっても構わないはずだが、
きっと菅政権はその“言い値”に近い額を払うだろう。
[2011/05/27 17:05] URL | いとう #mQop/nM. [ 編集 ]

アレバ社の件
http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY201105270431.html
原発汚染水処理1リットル210円 計531億円と試算  2011年5月27日19時12分  朝日

1トン2億はデマです。
ですが、アレバ者は設備を提供するだけです。
運用は現場の人になると思いますが、
高濃度汚染水をろ過した後の超高濃度に汚染されたフィルターを誰が、どうやって、どこに持っていくのか疑問です。
[2011/05/28 02:10] URL | 黄色い青(緑ではない) #mQop/nM. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/134-589b06aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。