脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣旨説明者に東電から異例の『詫び状』届く!

6月28日の株主総会で脱原発議案の趣旨説明をおこなった浅田正文さん宛に、7月11日付けで東京電力から詫び状が届きました。勝俣会長と西澤社長の自筆の署名が入った丁寧なものでした。

詫び状を受け取ってとても驚かれた浅田さんから、「これまでにこういう事はあったのですか」と尋ねられましたが、脱原発・東電株主運動としては経験のない異例の出来事でした。

浅田さんからお借りした詫び状とそれに対する返信を掲載します。

拝啓このたびの福島第一原子力発電所の事故により、多大なご迷惑をおかけしておりますことを心より深くお詫び申し上げます。

今回の事故により、浅田様をはじめ多くの方々に避難していただかざるを得なくなり、事故の当事者として怯泥たるものがございます。当社といたしましては、株主総会の際に頂戴したお花に込められた思いを真摯に受け止め、みなさまが一日も早くご帰宅できるよう、今後とも国や自治体と連携し、事態の収束に向けて全力を尽くしてまいる所存であります。

今後ともご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。

敬具

平成二十三年七月十一日
浅田正文様

東京電力株式会社
取締役会長 勝俣恒久
取締役社長 西澤俊夫


拝復
私は、去る6月28日の株主総会で「脱原発」を定款に入れるよう株主提案の趣旨説明をした者です。事故収束に向けて、また賠償など今後の対応で日夜ご多用の中、お手紙を頂戴し正直なところ大変驚いています。祈りを込めた「折バラ」についても真摯に受け止めて下さりありがとうございます。

菅直人総理をはじめとする国の原子力政策に大きな振れがあり、国策と共に進んできた御社も大変困惑しているのではないでしょうか。諸々のことをお察し申し上げます。しかし、考えようによっては今が「脱原発」のチャンスです。総理の進め方には問題があるものの「脱原発」の方向がちらちら見えてきています。

国は国として、御社は今をチャンスとして「脱原発」を宣言する絶好の機会ではないでしょうか。土下座までして「誠意をもって対処する」旨の発言された清水前社長さんの誠意の最も大きな形の一つは「脱原発」です。福島県民を苦しめ、子供たちの将来を不安に陥れ、国土等あらゆるものを汚してしまった御社。その罪滅ぼしの最も大きな形は「脱原発」です。

人智を超え、子供たちへのツケ、作業委員の被曝、使用済み核燃料の処理、等私たちの世代では解決できない大きな問題を原発は抱えています。電気が足りる・足りないは二の次です。仮にエネルギーや電気が足りないならば、足りないなりに「少エネ」社会を目指す道があります。「省エネ」は現在レベルからの節電ですが、「少エネ」は私たちに与えられた少ないエネルギーを大切に分かち合って使っていこうというものです。
当然、安全・命・公共交通等が優先されます。

御社が、柏崎も含め「脱原発」の方向を高らかに宣言すれば、日本は大きく生まれ変わります。御社は電力会社のリーディングカンパニーです。大惨事を経験したことを糧としてリーダーシップを発揮していただければ新たな日本が誕生します。新しい日本のために大きな役割を果たして下さるようお願い申し上げます。

お手紙への返信と共に、改めて「脱原発」へ舵を切ることをお願いさせていただきました。

収束の問題、補償の問題、等々の短期的課題、中期的課題、将来の方向性の課題を抱え 会長さん、社長さん、皆さん、疲れが溜まっておられることと存じますが、踏ん張ってひときわ暑い夏を乗り切って下さるようお祈り申し上げます。

 

敬具


【参考】東京電力第87回定時株主総会 共同株主提案議案
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-129.html

【参考】『誠意』 - 2011年株主提案趣旨説明
http://todenkabu.blog3.fc2.com/blog-entry-142.html

関連記事
スポンサーサイト

コメント
お願いです。
私は、原発から約54キロ離れた市に住んでいますが事故から約5カ月が経とうとした今も放射線量が高く横ばいのままです。
 東電の社長が来県すると収束するよう頑張るとか謝罪のみで実行が伴っていません。口先だけのようにしか思えません。謝罪する気があるならボーナスなんて出せないと思います。
 本当に謝罪する気があるのなら東電の社員全員で福島で除染活動をするのが当り前ではないでしょうか?
 毎日放射線に怯えて暮らしています。大人も子供もです。企業年金も廃止するべきです。福島の人達の苦しさや悲しみを東電の人々や株主の人々にとってはしょせん他人事なのでしょうか?ご自身の子供さんやお孫さんに自分の会社や株主になっている事を胸をはって伝えられるでしょうか?沢山の人々を不幸にしたまま何食わぬ顔で暮らしてさらに原発を稼働させたいと思っている人は安全な場所からではなく福島に来て子供達の前で原発賛成と言ってみてください。
原発を収束させるのが一番ですがそれと同時に福島をきれいにもとに戻すことにも東電は力を入れるべきです。
 こちらの活動の方々に頑張って頂きたいです。応援しています。ぜひ東電を変えて下さい。お願い致します。
[2011/08/06 23:16] URL | 福島県民 #mQop/nM. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/145-764483a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。