脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
12 | 2017/01 | 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「反原発へのいやがらせの歴史展」
 8月10日、11日の両日、新宿中央公園内の新宿区民ギャラリーで表記の展覧会を開いた。2日間10時間で1200人超の方々が詰めかけ、入場を制限することもあった。

 これは主催者側の嬉しい誤算で「果たしてこんな変なタイトルで人が集まるのか?」「来てくれなくてもいいようにチラシに詳しく載せよう」と準備された。

 展示してもよいのだろうか?と躊躇するようなイラストや言葉、全国各地の集会の参加者と思われる名簿のコラージュ、子ども連れで行動した日に隠し撮りされた写真、誰のものか分からない折り曲げられた写真の数々、オウム真理教や中核派チラシのコピー(公安の捜査対象だとの脅し?)、違法に抜き取られた大量の郵便物、自動改札機から集められたと思われる大量の使用済み切符、故高木仁三郎さんが書いたように見せかけた年賀状や案内状等々。

 何のために?と理解に苦しむ不気味な、受け取った者に「気持ちの悪さ」を感じさせるための郵便物。1995年に日弁連に人権救済を申請した際には数千通集まったほど。その後多くの方は気持ちが悪いので捨ててしまっていた。

 1986年チェルノブイリ原発事故、1988年伊方の出力調整実験、1989年福島第二原発3号炉事故を契機に日本各地で盛り上がった脱原発運動と時を同じくしてこの嫌がらせは始まり、郵便物は日本全国だけでなく、ロンドンなど海外からも送られ組織的に行われたことがうかがわれた。そして嫌がらせをされる人とされない人が明確に分かれた。

 私の感触では、チェルノブイリ事故以前から活動していた反原発派は嫌がらせを受け、チェルノブイリ事故後から活動した脱原発派で原子力資料情報室に関わりを持たなかった者が嫌がらせの対象にはならなかったのではないか?と。情報室が活動の中心にあり、そこから指令が出ていることを思わせる組織図もあった。

 これは原子力ムラの常套手段で、お互いを疑心暗鬼にさせる効果を狙ってのこと。福島原発事故後脱原発運動は再び盛り上がりをみせているが、そこにも3.11以前と3.11以後という言葉が示すように、互いの違いを際立たせる思考も存在する。

 今後はネットを使っての巧妙な方法がとられる可能性もある。分断工作があっても安易に信じず、発信者に確認する、情報を共有する丁寧さが求められる。

 同時に、動燃の総務部次長であった故西村成生さんが収集した、原子力ムラによる脱原発運動潰しの手口の数々も展示され、自殺とされた1996年の不審死にもスポットを当てた。展示物の解説も3回行われ、西村トシ子さんも当時の様子等を語った。

 毎回身動きができなくなる程の人々が海度雄一弁護士や西尾漠さんの説明に耳を傾けた。各地で展示して欲しいという声も寄せられたため、展示物の再編集を行うために準備をしている。更に12月には書籍を発行する予定。当時作成した「脱原発かるた」や各種のシールなど資料をお持ちの方はぜひお知らせください。(K)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/207-59e3f5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ