脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
11 | 2016/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

五輪招致で切り捨てられた福島
 2020年東京オリンピック(以下五輪)! 9月8日日曜日の朝のニュースで驚いた。特権階級集団のIOC委員たちが、東京を開催地に選ぶことは予想可能であった。ため息は出たが驚きではなかった。驚いたのは首相安倍の招致スピーチだ。福島第一原発事故について「状況はコントロールされている」と語っているのだ。

3.11被災地の利用と福島の切り捨て
 2009年10月2日、コペンハーゲンのIOC総会会場で、石原慎太郎前都知事はさぞみじめな思いをしたのだろう。2016年開催地決定で、あれだけすり寄ったIOCから選ばれなかった。150億円以上もの都民の税金をこの一瞬のばくちに賭け、そして失敗したのだ。

 報道各紙は東京開催の理念が希薄であったと批判した。東京湾の湾岸地域の再開発、とりわけ3800億円もの負債を抱える臨海副都心事業の起死回生、圏央道をはじめとした3環状道路の早期完成、そして国威発揚……などと招致理念で言えるはずもない。ではほかに何が? 理念策定で招致委員会の苦しみは、「大会開催を通じ、都市と人間を再生」などという苦し紛れの言葉をひねり出した。

 石原前都知事は2020年夏季大会も招致の名乗りを上げたが、今回、開催理念に利用したのが「3.11震災復興」だった。都心のごく限られたエリアで開かれるスポーツ大会がなぜ東北被災地の復興なのかという問いに、予選競技のいくつかを東北で開催するという程度の具体性しか示せなかった。

 それでも前回招致の理念よりは言葉のイメージは抜群であった。国内の五輪招致に向けての求心力は確かに功を奏したのだろう。しかしIOCは内向きな、国内的な理念には関心を示さないばかりか、福島第一原発の大事故が決して収束しておらず、放射能が漏れ続けていることに大きな懸念を示すようになった。結局、招致委員会は「復興」看板を下ろすこととした。利用価値がないと。

 東京が選ばれるためには、2020年までに原発事故を収束させるという希望的なアピール発信では功を奏さないと見るや、福島原発事故を「終わったこと」とするしかなかった。今この時に、終わりの見えない原発事故との闘いを強いられている15万人もの自宅に帰れない人々がいる。それを承知の上でのIOC総会での総理安倍の大嘘発言だった。五輪招致のためには被災者を切り捨てるという意思の表明と言わざるを得ない。

五輪の錦の御旗
 政府やゼネコンほか経済界にとって五輪の最大の利用のしどころは、その御旗だ。五輪成功のため、2020年に間に合わせる、国民の心がひとつに……。ご存じのとおり1964年東京五輪では、東海道新幹線建設、首都高速建設などのインフラ整備が、1998年長野冬季五輪では、長野新幹線、上信越道、オリンピック道路……が開催に向けて一気に進められた。通常なら用地取得にはかなりの時間が必要とされるが、五輪の錦の御旗の効果は絶大だった。たった6~7年でこれだけの巨大工事を土地取得から始めて完成できるのだ。

 千載一遇のチャンスとはこのことだろう。これを機に天皇のより一層の国家元首化や、秘密保全法など政府にとって懸案の立法が推進されることも予想される。またエネルギー政策でも政府の都合のいい方向で利用されることが懸念される。五輪開催のために東京への電力の安定供給を期すとして、原発の再稼働が7年間のスケジュールの中に位置づけられる可能性もありそうだ。

五輪返上もいいね
 五輪開催の主催者は都市だ。東京都。招致活動は招致委員会が実務を担当し、この先は大会組織委員会が発足することとなる。招致段階でも組織委員会でもその内容が適正になされているかどうかのチェック機能は、東京都、とりわけ都議会が担わなければならない。

 その肝心の都議会が五輪のチェックをできるのか非常に怪しい。私たち市民が都議会議員に向けて、五輪開催に向けた予算や執行を注視しているというメッセージを強力に発信しないと、税金が五輪関連産業や開発に関わる業者に食い物にされる。

 いっそのこと、一国の首相が大嘘ついて持ってきた五輪は返上した方がいいという声がもっと大きくなることを期待したい。五輪は返上できるのだから。
(東京にオリンピックはいらないネット K)
*「脱原発・東電株主運動ニュース」No.331(2013年10月6日発行)に掲載されたものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
原発の代わり
太字の文原発を再稼働させたくないのなら、
何故、使わない木材・竹材製品をみんなで力を合わせて
集めて、高効率な木質バイオマスガス化発電の燃料に
しようとしないのか?
 第一、電力が足りない訳ではない!
原油や天然ガスの輸入量が増え、燃料費が大幅に
値上がりしたことで、多くの企業や家庭が電力料金の
値上げに限界を超えて苦しんでいる!
当然、電力会社も経営収支が大変厳しい状況に
追い込まれているのです!
その結果、雇用環境の悪化から抜け出せなくなっている!
原発を再稼働させたくないなら、先ず、集めよ!

[2014/03/17 23:44] URL | l #- [ 編集 ]

日本のエネルギー危機回避の為に
原発そのものの真実をもっと知りたい!
放射線被ばくは、本当はどんなものなのか?
一般国民が日常生活を送る上で、本当に、
CTスキャン・レントゲン・アイソトープ検査と
比べて今の安全基準ではダメなのか?
怖い!怖い!と必要以上に囃し立てていないか?
そして、原発を動かさないなら、燃料費を安く
出来て、地球環境にも優しい発電所を今すぐ、
動かせるのか?
その準備・行動はしているのか?
脱原発を訴えるなら、それが一番、重要です!
しかし、脱原発グループ。とりわけ、首相官邸前で
運動しているグループは、その行動が全くない!
太鼓叩いても、笛を鳴らしても、ギターを鳴らしても、
キーボード叩いても、何にもならない事を何故、気付かないのかな?
何万人・何十万人・・・と大勢集まって、何故、飲食店やバーベキューや
弁当などで使った割り箸や壊れた木製家具などを集めて、
バイオマスガス化発電に活かそうとしないのか?
楽器や旗を持つより、リヤカーを引いて、
これらを集めるべきではないのか?


[2014/03/25 19:22] URL | ll #klcj.0UQ [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/208-1c62768c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ