脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都知事選と福島
 都知事選最終日、都心は25センチの積雪を記録、45年ぶりの大雪となり、投票率は46.14%だった。25センチで大雪とは恐れ入るが、東京では5センチ以上で大雪とされるとか。それほど温度差の大きい東京において、国政は進められていく。

 都知事選は、直接首長を選べるのだからフィーバーして当然。しかし昨今はまるっきり人気投票と化していて、政策は二の次だ。そんな中、律義に懇切丁寧に政策を訴え続けた宇都宮健児前日弁連会長の姿勢は爽やかだった。前号に書いた通り、年越し前の12月28日、先頭を切って穏やかに明るく覚悟を表明した。

 だが結果はまたもや次点。脱原発2候補の得点を合計しても若干足りなかったものの、舛添要一に「(緩やかな)脱原発」を政策に掲げざるを得なくさせた。ただ安倍政権にとってはかすり傷ほどであろう。再稼働に向けてはハードルは少なくないと思うが、高レベル処分場設定への強行が今後危惧される。

 こうした結果を見越しての「脱原発一本化」希求だったことはもちろん承知している。ただ、結果から見るに、一本化されていれば勝てたかというと、そうたやすくはない。まず告示前に宇都宮が降りていたら、共産党は別途独自候補を立てたかもしれない。告示後はマスコミとくにTVによる徹底的な原発争点隠し。TVにとって最高にオイシイはずなのに、小泉劇場を極力ネグレクト。NHKに至っては、6、7日の朝の定番「おはよう日本」、7日の首都圏ローカルでも、都知事選の報道自体いっさいゼロ(日刊ゲンダイによる)。新聞までが、投票日朝刊のトップにない(東京新聞以外)なんてことがこれまでにあったろうか。都知事選隠し、低投票率への誘導までしたのか。

 これが、何らかの大きな力によるものだとしたら、今後いかに闘うべきか。
 ここに、その答えが示されている。選挙結果を受けての、「希望のまち東京をつくる会」と宇都宮けんじ選対による総括の一部だ。

 『宇都宮さんの、社会的に困難な状況にある人たちへのやさしい視線、社会を見る時の確かな識見、改革に取り組む時に市民と共に運動を作りながら進む民主的な手法、そして権力と渡り合い、課題を実現させる時の粘り強さと力強さは、確実に有権者の心を捉え、大きなうねりを作り出し、選挙演説を聞いた人々が投票するだけでなく、次々に運動員となってくださいました。まさに、この市民選挙は、このような感動的な出会いと協同の機会を作りだし、選挙そのものがひとつの社会運動となっていったのです。』

 それは、あたかも宇都宮教授による壮大なフィールドワークだった。自分自身、戦後の貧しさとは異なる格差拡大の中での貧困と人権無視が、ここまで身近に迫っているとは思っていなかった。路上に追いやられた人たちだけではない、膨大な貧困が蔓延していること。およそ脱原発を都知事選一本で実現しようというのは間違いだと指摘されたのだ。

 宇都宮選対に顔を出して感じたのは、若い男女が、とても落ち着いた雰囲気で支持していたことである。時に子連れで応援に通う。脱原発の活動家ではないが、原発ゼロ当たり前という認識。その上に、反貧困や差別、福祉などにしっかりした見識を持つ候補と理解して応援しているのだった。特定の党派でもなく、それを「市民が共産党をハイジャックした」と宇都宮さんは最終日になって表現していた。

 3.11の直後に実施された前々回、石原261万+ひがし169万+ワタミ101万の合計はなんと532万、88%。前回はこれを100万減、今回は200万減(前々回からは300万減)。「民主主義を取り戻す……その最初の選挙が、今回の都知事選挙です。」と、これも宇都宮フレーズ。

 こういう人材を知事室は待っていると思いつつ、脱原発候補2人という望外のぜいたくの前に、全面展開できなかった我が不甲斐なさを恥じる。投票日直前『宇都宮さんが都庁で仕事ができます様に!祈るしかないです。』(知事でも副知事でもいいからとの意)という悲鳴の携帯メールが福島から入った。

 『千載一遇のチャンスと皆さん言われますが、そうなのでしょうか。「これでお終い」なんて私たちが考えては、いけないのではないのかな。』とは福島原発告訴団長の武藤類子さんから。

 「脱原発」シングルイシューと言いつつ、肝心の福島の被害者たちのこころを置き去りにして進めているのではないか。そう気がついて、終盤になって声をかけたところ、3人の方が快く応じてくださった。雪のなか、最後の街宣まで無理をおして3日間も熱烈アピールを続けてくださったのは静岡へ自主避難の長谷川さん。2児の父だ。福島の方々は揺るぎなかった。(A)
*「脱原発・東電株主運動ニュース」No.235(2014年2月16日発行)に掲載されたものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
次代に引き継ぐ
 選挙の公約も次代に引き継いで行っていく必要のあるものなんだ、とつくづく感じさせられた選挙でした。宇都宮氏も、そうおっしゃって居ましたよね。それを実践してくれるような、若い人々が居たのが宇都宮陣営だったと思います。三宅、座間宮、ちだい氏など20、30代のこれからを背負って立つ若者が、ブレずに最後まで一緒に居てくれた事は本当に心強いかぎりでした。そしてその後半には、この二つに割れてしまった仲間をもう一度一つにしようと奮闘していました。
 どうか以前からの反原発の皆さんにも一緒にやろうという気持ちを持って頂いて、結合なされる事をお願いしたいです。
 最早革新(共産社民)とか保守リベラルなんて考えの違いを乗り越えて行かなきゃいけない時代なんだということに気付いて欲しいと思っています。
 そうでないと極右寄りの保守がこれだけ増えてしまったニッポンで、脱原発や九条保持も、貧困や差別の緩和も出来ません。
 生活の党の小沢さん、細川さんに申し上げたい。もう少し左に来てみて下さい。共産党に云いたい。もう少し右にも目を向けて下さいと。どう考えても勝てそうもない選挙には出ないでくださいと。そりゃあ出るのは保障された権利でも、振り回してはいけないと思います。
 共闘するのも政治ですよね。そうやって居るのが、相手なんですからこちらもそうしなきゃ、拮抗しませんよ。
本気で阻止したいなら寄りあいましょうよ。
[2014/02/25 17:27] URL | hotaka43 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/215-84e48678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。