脱原発・東電株主運動
NUCLEAR PHASE-OUT TEPCO SHAREHOLDER'S MOVEMENT
01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

「東電に反省を促す会」報告
 8月5日に、東電に赴き、上記の会を東電担当者と行いました。東電側の連絡ミスで、当日担当者が揃っていませんでしたが、今回は明確な回答を求める「質問書」の形式だったため、来られる方だけということで行いました。東電側は、総務・法務室の3名。株主運動は5名の出席でした。

 今年の株主総会は、会場外にも在特会系の団体が大勢押しかけた異様な株主総会でしたが(「東電は右翼団体にひれ伏した」株主運動ニュースNo.258、8/3ブログ記事参照)、東電の担当者の認識はとても甘く、会場正面に設置された東電の看板を覆い隠すように、「しきしま会」の横断幕が総会終了後まで張られていたことを知りませんでした。
 その場所は、東電との事前打ち合わせの際に提示された見取り図では、アピール行動禁止区域に当たることの認識もありませんでした。

 また、取締役会が明確に反対した第2号議案「原発再稼働」の提案者に質問が出された際、「この提案は3名の株主から出されていますが、趣旨説明したヒガシカワ氏以外の2名の方はいらっしゃいませんか?」という会場への呼びかけも行わずに、提案後退席予告をしたヒガシカワ氏に代わって、議長と取締役が答えてしまったことの重大さも認識していなかったことに、更なる東電の崩壊を見ました。

 当日に提出した「東電株主総会の運営に関する質問書」(この報告の末尾に記載)のDに記してある、連続した2名の質問者のうちの女性は、昨年の最後の発言者と同じ人物であることも確認しました。この女性は、昨年は提案株主席の斜め後方に座り、口汚い言葉でヤジを飛ばし続けていましたので記憶に残っておりました。
 今年は議長席の正面マイク席の直ぐ後ろの席を目掛けて座り(「ここだわ」という声を聴いた株主が存在)、私たち株主運動の9名がそれぞれ趣旨説明をするあいだ中、書くのもはばかるような、提案内容とは無縁なヘイトスピーチで多用されている言葉を、趣旨説明者に聞こえるような声でヤジり続けていました。

 以上のことから推測されることは、「しきしま会」なる団体や2号議案提案者のヒガシカワ氏と東電は事前打ち合わせを行っており、その強硬な態度に屈してしまっているということです。私たちが脱原発を掲げて東電株主総会に乗り込んだ1990年頃はびこっていた「総会屋」よりも悪質な在特会系団体が、株主総会に入り込む道を与えてしまったと考えます。

 質問書以外に口頭で、以下の2点の要望をしました。
1)関西、中部、四国電力が既に実施している「議決権行使書の記入方法」と同様のものを次回の株主総会開催通知に同封すること。
2)総会での指名の公平を担保するために、米国企業で行われているような、会場での発言にあらかじめ希望を募り、そこから議長が抽選で株主番号を指名する方法を取ること。
 質問書と口頭での要望への東電の回答に関しては、追ってお知らせします。(K)

東電株主総会の運営に関する質問書
東電株主総会の運営に関する質問書
2016年8月5日
脱原発・東電株主運動
世話人 木村結

A>会場の外での対応
 私たち株主運動に対しては、門を入った左側の、入場する株主からは目立たないスペースを指定する一方、「しきしま会」なる団体には、入場者の通路正面に位置する目立つ場所に横断幕や幟の許可を出していました。そこでお尋ねしますが、
1)「しきしま会」の方たちは、株主なのでしょうか?
過去2回の東京体育館の使用の際も、株主運動に対しては左側の目立たないスペースしか許可されませんでしたが、
2)なぜ今回は、東電の看板まで隠れるような横断幕の許可をされたのでしょうか?
3)「しきしま会」の方たちと事前に打ち合せをなさったのでしょうか?
 現場の警備担当者の話では、「あの人たち(しきしま会)は東電の言うことを聞いてくれる」とのことでしたが、
4)東電のお考えと思ってよろしいでしょうか?
5)「しきしま会」は、もれなく公安が付いてくるヘイトスピーチ団体ですが、それを知りながら許可されたのでしょうか? 更に、
6)総会開催時間から終了まで横断幕を撤去もさせずにいたのは、何故ですか?

B>株主総会で右翼に“へつらった”かに見えましたが……
 今回は原発推進の内容の発言が多かったですが、意見なのか質問なのか不明なものが多く、その度に議長は要点を整理し、「このようなことでよろしいでしょうか?」と親切・丁寧な対応ぶりでした。更に質問は2点までと制約しておきながら、2点を超えても何ら問題にせず、「力強いご意見ありがとうございます」などと“媚びへつらった”かのように見えましたが、
7)「右翼団体とお親しい間柄」と受け取ってもよろしいでしょうか? 私ども株主運動は発足当初から、原発事故を未然に防ぐために様々な提案をさせていただきましたが、会社側からは一顧だにされず福島事故が起きてしまいました。日本で、それも私たちがずっと関心を寄せてきた東電の原発が、世界でも最悪レベルの事故を起こしたことが、無念でたまりません。おそらく、今なら身にしみてご理解いただけるハズですが、会社に対して厳しいかもしれない意見を言うことは、ひいては「会社のため」でもあります。
8)今後、私ども株主運動に対する対応を変えるおつもりはありますか?

C>2号議案提案者とはどのような関係でしょうか?
 2号議案に対しての質問が出た際、
9)既に帰っていた提案者東川氏に代わって、東電の役員が質問に答えたのは何故でしょうか?
10)東川氏とはどのようなご関係ですか?
11)東川氏とは約束があったかと憶測していますが、どのような経緯で回答なさったのでしょうか?

D>質問指名の不可解さ
 議長からの指名は平等にと言いながら、今回、議長の正面に座っていた男性をトップに指名しておき、その際「あなたは次に」と、隣に座っている女性を2番目に指名することを約束し、実行しましたが、
12)あらかじめ打ち合せがあったのでしょうか?
 あらかじめ予定していないのであれば、同じブロックから2名続けての指名は、公平な運営ではないと思います。
13)非常に不可解な対応であり、納得できる回答をしてください。

E>議決権行使書の不平等
 私たち一般株主は、議決権行使書を提示して株主総会に出席すれば、賛否を表明してもカウントされることはありません。しかし、原子力損害賠償機構は今年、議決権行使書を提出した上で、議長に全権委任する委任状を持参した代理人を出席させました。以前にも日生、第一生命の代理人が同様に総会に出席し、議長の前に陣取り、動議が出された時に動議を否決し、議長をサポートしたことを記憶していることから、質問です。
14)総会に出席した場合、一般株主の投票は無効、大株主はダブル投票も可と考えてよろしいでしょうか?
 このような不平等は許されるべきではないと考えますので強く抗議します。

 なお今回、上位株主10社の総会への出欠を伺いましたが、回答できないとのことでした。会社法で認められている議決権行使書の閲覧は、総会出席の株主分も含まれるのではないでしょうか?
 明確な回答をしてください。

 以上の質問に、是非とも文書でのご回答を頂けますよう要望いたします。つきましては、回答日時を教えていただければ幸いです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://todenkabu.blog3.fc2.com/tb.php/251-636eef71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

脱原発・東電株主運動事務局

Author:脱原発・東電株主運動事務局
私たちは1989年以来、株主の立場から脱原発を訴えています。ぜひ会員になって活動を支えてください。株主でなくてもなれます。ニュースを年10回発行。年会費2500円です。
郵便振替口座 00180-3-653582(加入者名:脱原発・東電株主運動)

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

過去ログ