FC2ブログ
Welcome to my blog

第94回株主総会 提案議案に対する会社側意見への反論:第三号議案その2

脱原発・東電株主運動事務局

脱原発・東電株主運動から議案提案している「海外原子力関連企業への出資禁止」について、
東京電力取締役会は、以下のように意見を出しています。
「海外の原子力関連企業も含め、今後の成長が期待できる事業分野や地域を選択の上、
 事業性を見極めながら、ビジネスを展開し、利益拡大を目指す」
 総会招集通知P26より

今回の記事では、実際に我が社東京電力が出資予定だったトルコのシノップ原発を例に、
海外原子力企業/事業への出資が如何に無謀か検証します。

1.事実を箇条書きで纏めます。
(1)当初は、東芝と東京電力が受注予定→大人の事情で、三菱重工が受注。
(2)今年3月に事業化調査結果をトルコ政府に渡そうとしたら、マジ切れされた。
<調査結果内容概略>
 ①4基2兆円と見込んでいたシノップ原発の建設費が、2倍の4兆円を大きく上回りそう。
 ②建設費を賄う為にトルコ国内の電力料金を上げてほしい。
 ③万が一の原発事故などのリスクもトルコ政府が引き受けてくれ。
(3)伊藤忠商事は、「こんな泥沼付き合ってられない」と脱獄完了。

2.損しか出さないビジネススキーム
原価を安くし、売上単価を上げるのが
利益を上げる基本です。
トルコの原発ビジネスは、
原価は天井知らずで高騰(過酷事故無で!)、
売上単価は上げようがないなど、損する要素しか見当たりません。

現に三菱重工の株価は、最高値8,000円台から半値近く下落しています。
成長性がある筈の海外原子力ビジネスに出資して何故こんなことになるのでしょう。
こんなビジネスに参加しなくて、株主として良かったと思う限りですが、
我が社東京電力の取締役会は、経営を
損失を出して財務基盤を壊して配当を無くし、株価を下げることだと考えているようです。
世界中見回しても成長性のある原発ビジネスなど存在しません。

3.無配を詫びない上に更に損失を出そうとする取締役会には、怒りしか感じません。
海外事業損失発生後に東電株主総会でも労働組合春闘でも
自主廃業後の山一證券内イントラに流れたような
チェッカーズ「涙のリクエスト」替え歌が、
歌われる事態が起こらないことを切に願います。
※以下は、総会招集通知に無配及び昨年まではあった「ご迷惑とご心配を~」詫び文削除という
 株主への余りな非礼/開き直りに
対する怒りで書きました。時間のある時に読んで下さい。

山一証券では「涙の記者会見」という替え歌タイトルでした。
※オリジナルの歌と比較しないと味わいが出てきませんが、
 残念ながら、販売サイトは見当たりませんでした。
 歌を聞いてみたい方は、自己責任で動画サイト等お探しください。

<山一証券版>----------------------------------
涙の記者会見、最後の記者会見

最後の株価に祈りを込めてMidnight役員会
ダイヤル回す大蔵に伝えて「もう駄目だよ」と

東証のマイクのボリューム上げて、初めて一人
廃業なんて、冷たすぎるぜ、酷い仕打ちさ

行平(元社長)の残した簿外損失
今では違う誰かの債務
いいさ三木(前社長)と馴れ合いながら
悲しい俺(廃業時の野澤社長)を笑ってくれよ

涙の記者会見、最後の記者会見 for you
-歌ここまで-------------------------------------------
(清武英利「しんがり 山一證券最後の聖戦」(講談社文庫)P182より)

しんがり
※WOWOW「連続ドラマW しんがり」(クリックすると番組紹介ページに飛びます)
 江口洋介さんや萩原聖人さん、佐藤B作さん達が熱唱するシーンはありません。

東京電力版では、「涙の株主総会」という替え歌タイトルで如何でしょう、
川村隆会長?
それとも「涙の株主代表訴訟」の方が良いですか?

<東京電力版>----------------------------------
涙の株主総会、最後の株主総会

最後の招集通知に祈りを込めてMidnight役員会
ダイヤル回す経産省に伝えて「資本溶融だよ」と

国際フォーラムのボリューム上げて、初めて一人
無配だなんて、冷たすぎるぜ、酷い仕打ちさ

勝俣被告の残した、巨大なデブリ(債務)
今では支援機構(納税者)の勘定

いいさ廣瀬(副会長)となれ合いながら、
悲しい川村(会長)を笑ってくれよ

涙の株主総会、最後の株主総会 for shareholders 
-歌ここまで-------------------------------------------

無配の上に
海外原子力関連企業投資で損失を出したら、
株主総会でチェッカーズの「素直にI'm sorry」
いつも配当無いけれど、I'm sorry」と
替え歌歌って済む話ではないのです。
※画像クリックで、Amazon紹介ページに飛びます。
素直にIm sorry 

川村隆会長をはじめとした取締役は、分かっているのでしょうか。
いい加減に
「(真面な経営を)涙のリクエスト」したいのは、我々株主です。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by脱原発・東電株主運動事務局

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply