FC2ブログ
Welcome to my blog

第94回株主総会 提案議案に対する会社側意見への反論:はじめに

脱原発・東電株主運動事務局

今週から、6/27(水)株主総会当日に掛けて、総会招集通知記載の
株主提案議案への取締役意見に対して、反論を掲載していく予定です。
まず、それに先立ちまして、昨今の原子力ビジネス衰退を考える上で絶好のドラマが、
WOWOWで始まりましたので、ご紹介します。
我が社取締役から一般株主の皆様まで、
面白く原子力ビジネスのダメさ加減を
学べる作品です。
「連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~
       ’社会が「悪」を欲したのだ’
不発弾 
※画像クリックで、WOWOW番組ページに飛びます。画像は、WOWOWページより。
原作「不発弾」相場英雄著
不発弾_単行本 
※画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます。
(あらすじ)
巨大電機企業崩壊は悪夢の序章に過ぎなかった――!
バブル終焉時、日本中の企業に埋め込まれた「損失」爆弾。
膨らみ続けるバブルの負債が、いま炸裂する。
白物家電から原子力発電所まで揃える老舗総合電機メーカー・三田電機
発表した巨額の「不適切会計」
警視庁・捜査二課の小堀は、事件の背後に一人の金融コンサルタントの存在を掴む。
男の名は、古賀遼。バブル直前、地方の商業高校から「場立ち要員」として
中堅証券会社に入社した男は、
バブルという狂乱の時代を経て、凄腕の「飛ばし屋」となっていった……。
(あらすじ紹介 ここまで)
不発弾とは何でしょうか?
財務諸表に隠された損失拡大の火種か?
物理的に爆発する何かの設備か?
答えは、ドラマをご覧になってからご自身に問いかけてみて下さい。
関連記事
スポンサーサイト
Posted by脱原発・東電株主運動事務局

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply