FC2ブログ
Welcome to my blog

東電と関電の総会に両方出席した感想

脱原発・東電株主運動事務局

G20 が6月下旬に大阪で開催されることになり、関電の株主総会が1週間前倒しになり
ました。他電力と日程がずれたおかげで、今年は東電の株主総会にも参加できました。

関電株主総会の感想
 「資源の乏しい我が国においては、3E(*)のバランスにすぐれている原子力発電の役割
は大きく、安全確保や、人材、技術基盤の観点からも一定規模を確保することが必要であり、
40 年以上のプラントの運転も必要と考えている」
 関電が原発を進める理由はこれだそうで、脱原発を求める意見、質問に何度も「原発は優れ
ている」「原発は必要だ」を繰り返しました。
 大阪市、京都市、神戸市。大株主であり、関電の供給区域の中でも人口の多い3市が福
島原発事故後、毎年脱原発の株主提案をし、あるいは脱原発の意見を表明しています
 京都市長は毎年、会場で脱原発を求める意見を本人が表明しています。それに対して関
電は「ご意見ありがとうございます」「今後ともご指導を」と言いながら、全く聞く耳を持
ちません。
取締役の問題発言
★「原発は温暖化対策として世界でも認められている」
(どうやら違う「世界」を生きているらしい)
★「(原発の運転が)40 年を越えたからといって、危険だということは全くない」
(安全神話の復活! 福島原発事故の反省はどこへ?!)
 私たちの株主提案は、取締役報酬の個別開示が15.2%、再処理禁止が13.7%の賛同を
集めました。大阪市と京都市の共同提案の取締役報酬の個別開示は43.1%の賛同、54.4%
の反対でした。
 当日、議長は「反対多数により否決」とあっさり言っていましたが、こんなに肉迫して
いたとは。内容的には私たちの提案とほぼ同じなのですけど。

東電株主総会の感想
数年ぶりに東電の株主総会に参加しましたが、会場で挙手して発言する内容がひどすぎ
ます。ヤジならともかく、マイクで発言する人たちが脱原発の株主たちを口汚く攻撃する
のです。
 例えば、ある女性株主は「脱原発の株主提案をしている株主は極左の過激派なので、自
分の名前は名乗らない」と発言。彼女は昨年も同様の発言をしたそうです。
 また株主提案の個別審議を要求すると、「こんな非科学的な提案の審議に時間をかけるの
はもったいない」と発言する男性株主。12時半を過ぎると、審議の打ち切りを提案する
男性株主。
 そもそも議長の指名の仕方が不明確で、誰を指名したのかわからないのです。で、マイ
クのところに誘導され、発言するのはこんな株主ばかり。シナリオができているのではな
いでしょうか。
お仕事御苦労様です
↑東電株主総会会場前で「原発推進を」と叫ぶ皆様を監視する公僕≒公安の皆様。御苦労様。

 こんな中で議長の川村会長は、自分の意見をとうとうと述べました。「一人でも多くの株
主さまに」「1人3分、2問以内で」と言いながら、自分は5分以上も意見を披露。貴重な
審議の時間に、議長が自分の意見を述べるなんてあり得ないことです。
2019総会土産
↑東電株主総会のお土産として、会場で配られていたお水。

 その内容は、東電社員には「稼ぐ力」が付いてきた、パイの奪い合いをするのではなく、
電化を進めて、もっと電気を使ってもらい、「稼いで」いくのだと、そのためには原発が必要
だというのです。そして会場からは拍手が。
 東電が「稼いで」潤うのは誰なのでしょう?
 取締役の報酬はどんどん高くなってきています。東電は本来破産していたのに、福島原
発事故の賠償のために税金を注入され、生き返ったゾンビ会社です。事故の被害者たちは、
自分たちのように苦しむ人を2度と出さないために、原発を動かさないでほしいと言って
います。その一方で東電はADR の和解案を拒否しています。
 東電に望むことは「稼ぐ力」をつけることではありません。自分たちの責任を認めて、
反省し、本当に最後の一人まで十分な賠償をすることです。そして脱原発のトップランナ
ーになってほしいです。(S)
*脱原発・東電株主運動No.285(2019年7/14発行)より
関連記事
スポンサーサイト



Posted by脱原発・東電株主運動事務局

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply